初めてスマホにした時は、本当にストレスが溜まりました。

スマホにしたもののガラ携に戻りたいと思ったエピソード
スマホにしたもののガラ携に戻りたいと思ったエピソード

初めてスマホにした時は、本当にストレスが溜まりました

★ 女性 41歳
初めてスマホにした時は、本当にストレスが溜まりました。

まず持った感覚。ガラ携は、私のように手が小さくても片手にすっぽりと納まるので、電車の中で片手が吊革をつかんでいても操作が簡単にできます。
しかし、スマホは横幅が広いため、片手で操作しようとすると、親指が画面の端まで届かず、無理をして伸ばせば余計なところをタップしてしまったり、スマホを落としそうになりました。

更に不自由に感じたのが、メールの作成です。
これは今でも感じることですが、文字が打ちにくいです。
ちょっとしたタイミングで文字が行き過ぎたり、確定していないのに違う文字が表示されてしまったり、これは本当にスマホを使い続けられるのか心配になる位、苦労しました。
途中で文章を直したい時も、ガラ携なら簡単にカーソルを移動できますが、スマホはうまくその文字がタップできるとは限らず、結局挿入したい文字以降の文章を一度削除して、入力し直さなければいけないことがあります。
長い文章をスマホで書き込むことが多いので、この時ばかりは、今でもガラ携は良かったよなぁ、と思います。