職場のスタッフが皆ガラケーからスマートフォンに移行していったため、自分もスマホにしたいと言い出した妹に付き合って、携帯電話ショップへ足を運んだのはつい最近のことです。

スマホにしたもののガラ携に戻りたいと思ったエピソード
スマホにしたもののガラ携に戻りたいと思ったエピソード

職場のスタッフが皆ガラケーからスマートフォンに移行していったため

★ 女性 45歳
職場のスタッフが皆ガラケーからスマートフォンに移行していったため、自分もスマホにしたいと言い出した妹に付き合って、携帯電話ショップへ足を運んだのはつい最近のことです。

妹が手にしたスマートフォンは最新型というわけではなく、初心者が使いやすいタイプだからと、店員さんがおすすめしてくれたものでした。
私はいいからと断り、ガラケーを使い続けることを決めていましたが、身近にスマートフォンを持っている人がいて、こんなことができるよ、あんなこともできるんだよといったことを見せてもらうと、人間というのは弱いもので、自分も持ちたくなりました。

そこで、遅ればせながらスマホをゲットしたところ、今までのようにメールがうまく打てません。そういえば、友人がスマホにした途端、メールを打つのに誤変換が多発して、ほとほといやになったと言っていましたが、今までの倍以上の時間がかかるメール作成に、こんな事なら前のガラケーを持って行って、すぐさま元に戻してもらおうかと思いつつも、諦めるのも悔しくて、しばらくしぶとく粘る気持ちも捨てきれずにいます。