電話したつもりがないのに、誤発信していることがたまにあります。

スマホにしたもののガラ携に戻りたいと思ったエピソード
スマホにしたもののガラ携に戻りたいと思ったエピソード

電話したつもりがないのに、誤発信していることがたまにあります

★ 女性 38歳
電話したつもりがないのに、誤発信していることがたまにあります。しかも、自分では全く気付いておらず、相手からかかってきて、「あれ?」ということもしばしば。パカッと開けるタイプのガラケーでは、開ける&ボタンを押すという操作があったから、そんな事は皆無でしたが、フラットなスマホでは押したつもりがないのに、いつの間にか体にあたって、という事がありがちの様です。

先日は、1か月前に別れた彼から電話がありました。
「え?」と思って出てみると、「電話もらったけど、何かあった?」と元彼。こちらには、そんなつもりがないから「え?そっちこそ何?」こんな押し問答があって、「そんな事言ったって、お前昨日もかけてきただろう?着信があったぞ」と。彼は何だか嬉しそうです。
ストーカー一歩手前の束縛彼だったので、ようやく別れて嬉しくしていた矢先、これじゃあ私が未練たらたらの様。
実際彼はかなり勘違いしていました。
というより、まだその誤解は解けず、それを機にたびたび電話がかかる様になってしまいました。
「ガラ携に戻りたい…」むしろ、一度解約して、他の番号にしようかしらと思っています。